業務日誌

Blog

News WEDGEからのお知らせ・業務日誌

FSC-COC認証を取得しました

森林認証とは

 現在世界中で森林の破壊や劣化が大きな問題なっています。森林が破壊されると底に生息する貴重な動植物が失われるだけでなく、住民の生活環境の悪化や地球温暖化などが引き起こされます。しかし、木材を始めとする林産物は私たちの生活に不可欠の為、森林を全く利用しないということはできません。そこで、適切な森林管理が求められています。

 森林管理の認証における国際的基準を設けるため、1993年にForest Stewardship CouncilFSC-森林管理協議会)が設立されました。この国際基準は、森林管理における環境、社会、経済的影響を考慮した10の「Principles and Criteria for Forest Managiment

(森林管理に関する原則と基準 下記参照)から成り立っています。

 森林の認証とは、FSCの基準に基づき、森林を管理している団体の活動内容を、FSCによって設立された第三者機関が評価することです。現在、FSCに認証された森林は全世界で約1億Haに達しています。(200812月現在)

 

 FSCの森林認証制度には、2つの認証が含まれています。

森林管理認証 Forest Management Certification

                      森林管理のFSCの原則と基準に基づいて評価する。

CoC認証 Chain of Custody Certification

                                           加工流通過程で、認証された木材や紙製品が他の製品と区別、認識されて

                                いるかを評価する。この認証をウエッジがグループで取得したということです。

この認証材を使                         この認証材を使用することにより少しでも地球からCO2の削減などできればと

                                えております。 

                          と考えております。

                            FSC森林認証10の原則

                              1.法律とFSCの原則の遵守 2.保有権・使用権及び責務 3.先住民の権利

                              4.地域社会との関係と労働者の権利 5.森林のもたらす便益 6.環境への影響

                              7.管理計画 8.モニタリングと評価 9.植林 10.保護価値の高い森林の保存  

 




御無沙汰をお許しくださいませ2011年10月27日

御無沙汰をお詫びします

せっかく作っていただいたHPに随分と御無沙汰してしまいました。心よりお詫びいたします。更新の方法をじっくりと勉強して取り組もうと思っておりましたら、3月11日の東日本大震災があり、9月21日の浜松直撃の台風15号がありました。大変な事態の中で過ごしてきたように思います。
その間ウエッジの業務としては
  住宅耐震補強工事  屋根外壁塗替工事  白蟻防除工事  工場鉄骨補強工事
  事務所内装リフォーム工事  テラスフェンス門扉新設工事 畳表替工事
  外壁リフォーム工事  解体撤去工事  手摺新設工事  住宅内外リフォーム工事
  エアコン取替工事  換気扇工事  自動ドア工事  地デジアンテナ工事
  外壁タイル改装工事  防犯灯工事  ブロック補強工事  ガス設備工事
というような工事をさせていただきました。随分と各種の工事をさせていただいております。ほんとはビフォーアフターで写真をお見せしながら説明させていただければよいのでありますが、このたびはご容赦くださいますようにお願いします。
そして今現在は台風15号による被害に対しての修復に奔走しております。
お施主様からのご連絡によります被害状況としては
  屋根瓦の修復及びその付帯する板金や樋工事 
  テラス工事  カーポート工事  シャッター工事  門扉フェンス工事
など外部工事が主で雨よりも風による被害が多いようであります。その件数たるやかなりの数に上るものと見られます。いずれの工事も早急の復旧を要求されるものでありますが、余りの数の多さに各職人さんたちが対応しきれずにいるのが実態であります。ウエッジも雨漏りが無いようにし、また他の方へ被害が及ばないように応急処置の対応はさせていただいてはおりますが、職人さんが多忙すぎていかんともしがたくお詫びを重ね申し上げているところであります。このようなことは初めての経験でありほんとに困り果てております。それでも少しでもお役に立てれるように出来る事を少しでも施工させていただこうと思っておりますのでどうか今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
それでは、この度はお詫びのご報告ということで。




龍禅寺町の家

before

申し訳ありません。こちらの写真はありません

after

龍禅寺町の家

ここには、写真の詳しい説明が入ります。 ここには、写真の詳しい説明が入ります。 ここには、写真の詳しい説明が入ります。 ここには、写真の詳しい説明が入ります。

写真をクリックの説明




2010年12月29日 水曜日

本日はサッカー協会のお役目柄天皇杯の選手と子供たちの入場のエスコート役としてお手伝いをしてきました。
清水エスパルスとガンバ大阪の対戦でしたが、3-0で地元エスパルスが長谷川監督の有終の美を飾ってあげようという意気込みのせいか、圧倒的な勝利となりました。決勝戦が楽しみであります。
また、ガンバ大阪には浜松出身の藤ヶ谷氏がゴールキーパーで頑張っておりました。

帰宅しますとお施主様よりとてもきれいなシクラメンの花が届けられておりました。
とても有りがたいこととして早速飾らせていただきました。

シクラメン

みなさん一年間お世話になりました。
良いお年をお迎えください。




HPづくり 2010年12月28日

今年の現場での仕事を本日までとして残りの日々をこのHPづくりと、
年賀状のあて名書きに費やして一年を締めくくろうと思います。




屋根工事 2010年12月23日

今日は屋根工事です。

工場の屋根がスレート製ですがアスベストの問題もあり、ガルバリュウム鋼板で補修することになりました。

また別の屋根は波トタンだったのですが、老朽化したためカバー工法で復旧しました。
肝心なことは、屋根に雨漏りがあってはならないことです。




ふじのくに防災マイスター養成講座 2010年12月22日

11月24日と12月22日の2回にわたり講習を静岡に行って受けてきました。
これは、静岡県が東海地震大規模災害に備えて、自らの判断で的確なこうどうをすることができる知識、技術を持つ人材の育成を目指す目的で開催されたものです。

私は、町内で防災のお役目をいただいている関係上、少しでも役に立つことが出来れば思い参加してまいりました。

当日は、ドクターや看護師、介護士、建築士など多岐にわたる参加者が60名ほどおられました。
東海地震の傾向や自衛隊の派遣についてや、災害の図上訓練や、クロスワード災害医療体制や災害の心理と行動や、今年の小山町の豪雨災害の実態や避難所HUGなどの講義を受けてきました。

また、機会がありましたらお伝えしたいと思います。




屋根工事 2010年12月21日

老朽化した波トタンを復旧するため下地作りを行いました。

夜から雨予想の為本日中にやらなくてはならない仕事でした。
屋根の下には大切な商品が山積みされています。

トタンの穴ふさぎをして棟にも防水シートをかぶせておけば今夜の雨にも耐えられます。

22.12.21屋根