住まいづくり

House Making

住まいに求めることとは

house01
とても難しいテーマです。住まいへの思いというのは住む人々によって色々あり答えは出ないかと思います。
それでも私の仕事は住まいを建築することでありますので住む人が何を住まいに求めるか、それを引き出す役目が私の仕事かと思います。

私にとっての住まいの話を少しさせていただきたいと思います。
私の家は代々続く専業農家でした。かやぶきの家で大広間に囲炉裏があっていつも煮炊きをしてた記憶があります。
家族がその周りにいつも決まっている席があり、お茶を飲んだり食事をしたりしてました。ホッとできるアットホームな居心地のいいところそんな思いがあります。

私にとっての住まいへの思いはそんな家族がよりそつて心の安らぐ心の拠所になりえるところ、そんな住まいに出来ればと思います。

皆さんは、何を求めますか。思いをお伝え頂ければ幸いです。

住まい作りの流れ

住まいづくりの流れ
維持管理へ

住まいづくりの大変なこと

house02
幸せを生んでくれる住まいづくりは簡単なことではないと思っております。
なにせ大変高額な買い物をされるわけでありますので車を購入するようなわけにはいかないものと思っております。

選択できるものが2つか3つあってその中から好きなものをお選びくださいで全てを決めてよろしいのでしょうか。
考えなければならないことがいくつもいくつもあります。
それを一つ一つ吟味し検討を重ねて決めていかなければほんとのものを見つけられないと思います。
そうしたこのプランニングこそ大いに時間をかけ納得のいくようにしなければいけないことと思います。

例えば土地の条件や家族構成や子供育て方やお年寄りの住まい方の対応などまた、近い将来像やうすぼんやりでも遠い将来のことなど項目にきりはありません。

そして、CASBEEに基づいた温暖化対策なども併せて検討したいと思います。

以上のように検討することがたくさんありますので、住まいづくりの建築士さんや協力業者さんも加えながら皆で検討を重ねて、
世界で一つしかない建て主さんのための住まいづくりに一生懸命努めたいものと思います。